婚活 自己紹介

自己紹介で第一印象をよくする

帽子をとって挨拶している男性

活というのは、全く面識がない人たちの中から自分の結婚相手を探すといった活動のことです。ですから婚活の第一歩として、まず初対面の人に自分をどれだけ知ってもらえるかをアピールすることが非常に重要なのです。

そこでここでは、婚活のイベントや交流パーティーなどでどのように自己紹介すれば良いのか、少し考えてみることにしましょう。まず、人というのは第一印象によって大きく変わるものですから、自己紹介が非常に重要だということをしっかりと認識しておく必要があります。

最初に良いイメージを持ってもらうことで、多くの異性から注目される存在になれるのです。婚活イベントなどでは、自己紹介や挨拶の時間が決められていることも多いため、出来るだけ簡潔な自己紹介をあらかじめ用意しておくと良いでしょう。

 

基本的には、はじめましての挨拶から自分の趣味や結婚相手の希望などを自己紹介として話します。その際に注意したいのが、自分の自慢話になるようなことは話さないようにすることです。

また、自己紹介の際に嘘をつくのは絶対に止めましょう。特に婚活の際は、年収に関しての嘘をつく人が多いようです。

というのも、女性が男性に求める年収は、500万円以上がほとんどだという現状があるからだといえます。ですから本当は年収が400万円であっても、500万円だと言いたくなるのでしょう。

ですがこういった嘘をついても、後で100%バレてしまいます。このように嘘がバレてしまえば自分の信用を完全に失くしてしまうことになりますから、婚活の場での嘘は絶対に止めるようにしましょう。