婚活 写真

第一印象はプロフィール写真で決まる

カメラマンに写真を撮ってもらっている人

活を行う際には、場合によって写真の登録が必要になるケースがあります。このように婚活で使う写真というのは、見た目の第一印象として非常に重要なものですから、ベストショットだといえる写真を使うようにしましょう。

ただし、婚活用の登録写真として「正面から撮った写真」といったように指定されている場合もありますので、事前に確認しておく必要があります。こういった指定がされていない場合は、自分が一番キレイにみえる角度から撮った写真を使うと良いでしょう。

何枚か写真を撮ってみると、自分の納得がいく角度をみつけることが出来るはずです。この角度は人によってそれぞれ違いますから、自分がキレイに写る角度を知っておくようにしましょう。

また、婚活用の写真を撮る場合は、屋内よりも屋外で撮ることをお勧めします。部屋の中などで写真を撮ると、どうしても暗いイメージになってしまうからです。

 

逆に、屋外でバックに風景が入るような撮り方をすると、明るく活発なイメージの写真になりやすいのです。そして、写真を撮る際は真顔で撮るのではなく、笑顔の状態で撮るようにしましょう。

真顔の状態というのは、好き嫌いがハッキリしてしまいがちですが、笑顔の写真ならばほとんどの人が好感を持てるというのが理由です。このように、写真一つをとっても相手に与える印象が大きく違いますので、満足の出来るベストショットが撮れるまで何枚でも撮るようにしましょう。

携帯電話を使って自分で撮るのも良いですが、より美しい写真を使いたいならプロに頼むことも考えてみましょう。