婚活サイトの種類

婚活に成功する男は知っている!婚活サイトの違い

活ブームでインターネットにはいろいろな婚活をテーマにしたサイトがあります。一見どのサイトも同じようなことを言っているような気がしますが、婚活サイトには大きく分けて3つの種類があります。それぞれの違いを理解して使いわけることが婚活成功への近道です。

1.条件を元に合いそうな女性を紹介してくれるサービス

わゆる結婚相談所のサービス。登録されているデータ・希望条件を元に合いそうな女性を会社から紹介してくれます。気に入った女性にはサイトを通じて交際の申込をすることになるので、アプローチに不安がある男性も利用しやすい。大手ではカウンセラーによる面談や結婚診断・会員だけのパーティー開催などのサポート体制も充実している。

膨大な会員データの解析などによって、統計的にも相性が良い可能性が高い女性を紹介してもらえるので、効率の良い婚活ができる。

サービスを提供している代表的なサイトには、オーネットツヴァイパートナーエージェントなどがある。料金はサイトによって異なるが、入会時にかかる費用が100,000円前後、毎月かかる費用が13,000円前後の場合が多い。

↓↓このタイプで特に男性にお勧めなのはこちら↓↓

2.自分で女性を探すのが中心のサービス

婚したい男女が登録しているサイトでプロフィールを検索して自分で女性を探していくサービス。いわゆる「出会い系」との違いは身分証明書(独身証明書や年収証明書なども)の提出が義務付けられていること。その人がどんな証明書を提出しているかはプロフィールで確認できる。

カウンセラーにマッチングしてもらうのではなく、自分から「いいな」と思った相手にサイト内のメールでアプローチする。メールでのやり取りに苦手意識がない人向いている。また活動に時間的な制限がないので婚活に使える時間が限られている人でも結婚につながる出会いを探せる。

サービスを提供しているサイトにはマッチ・ドットコムブライダルネットユーブライドなどがある。料金は月額2,000円〜5,000円程度の場合が多い。

↓↓このタイプで特に男性にお勧めなのはこちら↓↓

3.最初から女性に会えるお見合いパーティーのサービス

婚を希望する男女が会社の主催するお見合いパーティーに参加する婚活のスタイル。最近は会社のサイトからお見合いパーティーに申し込める場合が多い。最初から女性と会って話ができるのが他の婚活との違い。

最初から女性と会うことになるので第一印象がかなり重要になる。また年収500万円以上、大卒以上など特定の条件をテーマにしたお見合いパーティーも数多く開かれている。

大手ではエクシオが有名。どちらかと言うと地域に密着した会社が中心で、都市部を中心に頻繁に開催されている。お見合いパーティーの参加費は1回5,000円前後で費用の負担は少ないが、結婚に至った場合には成婚料がかかることが多い。

↓↓このタイプで特に男性にお勧めなのはこちら↓↓